うっさちゃん物語

ウサギを飼うということは

お世話をするということです。

まず、敷き藁の代わりになる

枯草を集めてきました。

ウサギを見る時、触る時の

注意点を年長さんが

小さいクラスへ 伝えます。

餌の量を計量してから

ウサギにあげます。

トイレのトレーニングを始めました。

トイレのお掃除もあります。

看板にする木を切っています。

小屋に名前の看板をつけます。

こんなふうに出来上がりましたよ。

みんなの頑張りをよそに、

うっさちゃんは

小さなお家の中に入ったきり

出てきてはくれません。

朝、小屋に行ってみると…

餌はひっくり返っている、

ウンチはばらまかれている

夜は元気に飛び跳ねているようです。

みんなの前に姿を見せてくれる日も

近いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください