ほし組神楽岡に行ったよ。

ほし組の神楽岡公園行きに

年長、年中のみんなが

力を貸してくれました。

道路も公園の中も

手をつないで歩きます。

野鳥が来たり、

スイレンが咲いたりする池に出ました。

公園の中でも

ポケット図鑑で

調べたり、調べ方を

教えてあげたりします。

何だか、不思議なキノコを

発見しました!!

気になるものがあったら、

立ち止まって

よーく観察です。

神社の方まで行くと

バードテーブルがありました。

ゴジュウカラが

餌をついばんでいます。

そっと静かに見守ります。

触るとご利益のある

ウシの像に みんな触ります。

いつの間にやら

年長女子が手をつないでいました。

仲良しですね!

さあ、帰り道!

ほし組も最後まで頑張れるかな。

大きい人はほし組と手をつなぎ、

自分が車側を歩く。

言われなくても、自然とそうなります。

後ろからみんなを守る人も現れました。

おひさまでは、学年が違っても

みんながきょうだいや

仲間のように育っていきます。

 

社会はいろいろな年齢のの人たちで

構成されていることを

幼児教育、学校教育ともに

もっと意識しなければならないと感じています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください