アイヌの日

※アップするのが遅れました。

おひさまの食育の取り組み、外国の日。

今回は外国ではありません。

先住民のアイヌの日です。

もう、大きい人たちは作っています。

アイヌ文様です。

保育士が鮮やかに作って見せました。

アイヌの子どもの遊びです。

輪を棒に入れます。

挑戦したい人がやってみました。

応援しています。

もう一人挑戦!

なかなか難しいようですね。

次はアイヌの踊りです。 

みんなやったことのある船漕ぎです。

アイヌの歌に合わせて行います。

肉はシカ肉や鮭が食べられていたようです。

おひさまでは、鶏肉を使います。

包丁で切るようにして

「チタタプ」を作ります。

今日の給食は

ご飯→アイヌは稗や粟の入った雑穀を食べていた

オハウ→汁物「三平汁」の起源と言われる

ラタシケプ→山菜・野菜の煮込み

チタタプ→肉や魚のたたき

ぶどう→山ぶどうを食べていたらしい

おやつ

シト(団子)→味はアイヌで使われていた昆布を

細かくして醤油ベース味にしたもの

異文化に触れる度に

おひさまっ子の心が

揺さぶられます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください