飯盒炊飯

小雨模様だったので

タープを立てるところからスタートです!

にじ組の育てたお米と

今年取れ立てのお米です。

真っ白できれいです。

中蓋で計量です。

素早く洗います。

その間に炭をおこします。

小さい人たちも応援しています!

慎重にお米を入れています。

水加減が肝心です!

飯盒を並べました。

2合×4個で8合です。

食べる場所づくりです。

テーブル、ベンチを

一生懸命運びます。

一方こちらでは、原木栽培を

しているシイタケを採ります。

上手に切っていますね。

ホイル焼きです!

ふっくら焼けて

美味しそうです!

炊き立てご飯は…

「さいこう!」

「おこめって あまい!」って表現していました。

お焦げを初めてみる人もいて

「おこげたべたい!」を

連発していました。

職員も食べましたが、

ほとんどのご飯を

食べつくしました!!

中で食べることを

お勧めしましたが絶対に外がいい!と

ぎゅうぎゅう詰めで食べました。

稲を育ててみると

あんなに頑張ったのに

ほんの少ししか穫れなくて

お米を作る大変さと

お米のありがたみを感じたようです。

体験してみて気づくことが

いっぱいありました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください