自然散策

植物博士のあっちゃんと

散策に出かけます。

園の裏に咲いている花を見て

もう説明が始まります。

神楽岡公園に着きました。

虫や花に関心が広がります。

コウライテンナンショウ

秋には真っ赤な実をつけます。

植物を見るたび、

ポケット図鑑で調べます。

オオタチツボスミレ

ニリンソウの群生

花びらの数を数えています。

オオバナノエンレイソウ

質問したら

何でも答えてもらえるので

次々と質問が飛び交います。

春の神楽岡公園でした。

また夏には夏の表情を見せます。

遊園地のような派手さや

「遊ばせる」という感じではないけれど

森林浴をしながら

たくさんの気づきを

家族で味わってみてほしいと思います。

 



“自然散策” への1件のコメント

  1. りょうママ より:

    4月末に男山にカタクリを見に行きましたが、去年は神楽岡公園に行っても遊具が使えないと文句タラタラで、木の枝をただただ拾い集めて振り回し、すぐ疲れたと言って歩かなくなっていたのに、今年は「これ知ってるよ!」と植物に対して一つずつ反応し、枝を拾うこともなく一生懸命歩いていました。すごい成長ぶりで、感心です。
    知識を得たことで、同じ散策でも見えている景色が違うんだろうなぁと思いました。
    卒園した姉はすっかり外遊びが少なくなってしまいましたが、今でも「○○が咲いてた、○○はすりつぶしたら何色になる」など、おひさまっこの血が色濃く流れているようです。これからもたくさん知識を習得してもらって、子供たちから色々と教えてもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください